不要になった扇風機の捨て方を解説。

■扇風機が不要になった時の捨て方
扇風機はエアコンがあったとしても、まだまだ重宝される家電ですね。
サーキュレーターのような使い方をしているご家庭もあるのではないでしょうか。
まさに我が家では真夏はサーキュレーターとして活躍しています!

でも、家電ですから、古くなったり、壊れたりしますよね。そんな扇風機の捨て方はご存知ですか?
今回はそんな疑問にお答えします!

扇風機の捨て方は、次の3つです。それぞれに掛かる費用や手間をご説明します。
①自治体の粗大ごみで捨てる
処分費用:310円~(自治体やサイズに拠る)
手間:粗大ごみ受付専用ダイヤルに電話をして、粗大ごみ処理券を購入・貼り付け、指定の日付・ごみ捨て場に自分で持っていきます。

②家電量販店で引き取ってもらう
処分費用:~2,000円程度(回収費用含む)
手間:まずは近くの家電量販店に電話をして、引き取り可能かを確認し、家電量販店に引き取ってもらいます。自分で持っていくのか、取りに来てもらうのかによって費用は変わります。仮に、新しい扇風機に買い換えるのであれば、処分費用は発生しない可能性もありますので、事前に電話で確認をしてから家電量販店に行くのが良いと思います。

③不用品買取業者に引き取ってもらう
処分費用:2,000円~(買取業者によって定額買取プランあり)
手間:無料見積りを依頼し、金額に問題がなければ、業者に回収してもらいます。扇風機のみの処分であれば、最も費用がかさみます。ただし、扇風機以外にも複数の不用品があるのであれば、買取業者にまとめて買い取ってもらうのもありだと思います。見積りにない請求をするなどの悪質業者もいるので、口コミや評判を確認したり、無料見積りで他社と費用を比較してから依頼して下さい。

■扇風機はまだ動くのなら売れる
捨て方は上記のとおりですが、状態が綺麗だったり、まだまだ現役で動いてくれるのであれば、リサイクルショップで売ることも選択肢の一つです。

売りたいのであれば、まずはリサイクルショップに査定を依頼します。買取金額に問題がないようであれば買い取ってもらうことになります。その際の買取方法としては、自分で持ち込む「店頭買取」、取りに来てもらう「出張買取」、宅急便で送る「宅配買取」があります。自分に合った買取方法を選択しましょう。

なお、リサイクルショップによって買取方法には違いがありますので、必ずお電話やホームページで確認してください。

■扇風機の捨て方のまとめ
①単純に安く捨てたいというのであれば、「粗大ごみ」になります。ただし、買い替えであれば無料で引き取ってくれるかもしれない「家電量販店」が良いでしょう。
②扇風機以外にも大量だったり、自分では運べないような不用品があるのであれば、「不用品買取業者」もありかもしれません。こちらは費用と相談ですね。
③扇風機が壊れていなければ、リサイクルショップで買い取ってもらうのがベストだと思います。誰だって、お金を払うよりも貰う方が良いですからね(笑)

とりあえず、どの捨て方を選択するにしても、まずはお電話やホームページで確認してみて下さい!