頭がいいかわるいかは、整理できるかできないか

結果重視

頭がいいかわるいかの判断は、結局のところ物事を整理できるかできないかがポイントの1つだと思います。

世の中のあらゆる問題を解決するためには、いろいろな複雑な事象が関係していたりします。その複雑な事象を1つ1つグループ分けして、整理することができるかできないかが、大きなポイントになると思います。

そのときに大事なのが、「モレなくダブりなく」整理することだと思います。この「モレなくダブりなく」の考え方をMECE(ミーシー、ミッシー)といいます。数学が得意な人は、このMECEの考え方は身についているのではないでしょうか。

難しい問題も、このMECEの考え方で1つ1つ整理、グループ分けさえできれば、問題の全体像をシンプルに把握することができます。

仕事でも、勉強でも、生活でもなんでもそうだと思いますが、「モレなくダブりなく」こなせる人が、信頼できて実力のある人と言えるのではないでしょうか。

仕事ができるできない、勉強ができるできないも、この整理・分類力によるところが大きいと思います。逆に言えば、整理・分類ができれば仕事や勉強はできると思います。自分は頭がわるい、仕事ができない、勉強ができないと悩んでいる方は、この整理・分類する考え方を実践してみてください。

1つ1つ落ち着いて、グループ分けしていけばいいのです。難しい問題も分解してみれば、小さい問題の集まりですから。