好きでもない仕事をするのは時間のムダ

働き方改革

ぼくは、これまで好きでもない仕事を約10年くらいしてきました。よくがんばったなと思います。これまでの時間が全部ムダだったとは言いませんが、好きな仕事をした方が有意義で、幸せだと思います。

好きでもない仕事を約10年間してきて、ぼくに残ったのは貯金だけです。スキルは何も身についていませんし、大した経験もしていません。ただ生きてこられたというだけでしょう。好きでもないので、モチベーションはありませんし、魂も入っていません。そんな時間むなしくありませんか?

ちょっとした資産は手に入れたかもしれませんが、肝心な自己投資ができていません。好きな仕事をしていれば、収入に加えて、仕事をしている時間も自分への投資につながります。

「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、好きだからこそ、得意になっていくと思います。なので、好きなことを仕事にすることは、とてもいい循環だと思います。

ぼくは、これまでの働き方に飽きたので、「働き方改革」をすることにしました。今、世間で言われている働き方改革とはちょっと違いますけどね~。ぼくの言っている働き方改革の方がよっぽど重要だと思います。まさに本当の改革だと思います。

これからの時代は、ますます「好き」「得意」を仕事にしていくことが重要になっていくと思います。みなさんもなかなか働き方改革する勇気が湧かないかもしれませんが、ぼくが体現していきますので、どうぞ周りに流されず自分を信じてください。