パトカーが白黒なのは、自家用車と区別するため。

パトカー

パトカーかっこいいですよねー!見るだけで興奮する☆あれ、わからない?w飛行機とか電車好きな人いるじゃないですか。あれと同じ感覚なんですかねw

さて、パトカーはなぜ白黒なのかですが、答えは自家用車と区別するためだそうです!

正式にパトカーが導入されたのが1950年だそうで、当初は白1色のパトカーだったそうです。その頃、一般の自家用車もほとんど白1色だったそうで、紛らわしいということで、自家用車と区別するために、1955年から、現在の白黒のデザインになったそうです。

パトカー

いやー、それにしてもかっこいい☆白と黒だからかっこいいのかな?これが色も違って、デザインも違ったら、好きじゃないかもしれませんねwいやー、このデザインでよかった!

世界の警察のパトカーでも白と黒を基調としたパトカーがあるみたいです。

ロサンゼルス市警察パトカー

これは、ロサンゼルス市警察のパトカーだそうです。うーん、かっこいい!やっぱ、白黒いいね!

ラスベガス市警察パトカー

こちらは、ラスベガス市警察のパトカーだそうです。うーん、やっぱ白黒かっこいい!

ちなみに日本のパトカーで、現在、主流となっているのが、トヨタのゼロクラウンという車種だそうです。

警察庁が定めたパトカーの採用基準があるそうで、ゼロクラウンは基準を満たしているそうです。さすがトヨタさんですね!

ちなみにパトカーは、パトロールカーの略だそうです。

警察業界用語では、PCと言うそうです。パソコンみたいですねw

パトカーだけでも、いろんなことが語れそうですね!車内の装備とかw少しずつ知っていけたらと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です