誰が決めるかを意識すれば、仕事がスムーズにいく!

決める!

これって、みなさん意識できていますか?

意外に意識できている人が、いないんじゃないでしょうか。

 

組織、チームで働く上で、

誰かしらが、決定、OK、GOサインを出さなければなりません。

この、誰が「決める」かを意識することが、とても重要だと思います。

これが意識できれば、仕事がスムーズにいきます!

 

誰さんが決めるとわかっていれば、

自然とその人に相談に行けます。

自分で悩まなくて済みます。

自分であれこれ悩んでいたら、時間のムダです。

決めるべき人に相談すればいいんです。

自分であれこれ悩んだって、

結局は決めるべき人が決めるんですから。

決定者を意識することで、

ムダなことを考えなくて済みます。

 

また、これが意識できていれば、

自分の決断力が鍛えられます。

これは、誰に決めてもらうべきだ、

と決めているからです。

決めるべき適当な人を決めることが、

決断力の向上になっていると思います。

 

決めるべき人が決めていなかったら、

それは結局パァーになります。

決めるべき人を見極めるのも、

大事な能力だと思います。

 

決める力、決断力があれば、

それだけで、立派な能力・特技になると思います。

決断力があるということは、判断力もあるということになるので、

極端に言えば、決断力がある=仕事ができると言えると思いますし、

決断力があれば、経営者に向いている気がします。

 

書類にも、検印欄がありますね。

あれも、決める作業ですね。

結局は、最後の人が決めるんだから、

検印欄が多すぎるのは、ムダですね。

いろんな人の目で見るのも大事だけどね。

 

一般的な組織で働く場合、

上に行けば行くほど、決めることが、仕事になっていくと思います。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、

決める側にいなければ、ただの雑用にすぎないのかもしれません。

 

軍隊なんか見てたら、わかりやすいかもしれませんね。

的確な指示を出す、司令塔がいるはずです。

その命令・指示を忠実に守る兵隊がいるはずです。

これくらいはっきりしていると、わかりやすいですね。

逆に言えば、リーダーが的確な指示・命令が出せなかったり、

決められなかったら、組織は停滞・混乱するでしょう。

そんなリーダーは使えないですね。

リーダーにはふさわしくないでしょう。

 

仕事だけでなく、日常でも決める場面はたくさんあると思います。

ぜひみなさんも、「決める」を意識してみてください☆

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です