ネーミングは、マーケティング的にかなり重要!

ネーミングって、すごい大事だと思っています。名前をつける、名づけることですね。

人も生まれたら、名前つけますよね?それと同じです。1番最初にやるべきです。いや、名前ありきで始めてもいいかもしれません!

名前がないと、呼べないんです!名前がないと、あれ、それ、これとか、こういうやつとか、そんな感じで呼ぶことになります。非常にわかりにくいw名前をつけて、共通認識させることが大事だと思います。

マーケティング的な話でなくても、日常や仕事で、名前がついてなかったら、何のことを話しているのか、とてもわかりにくいと思います。

やっぱり、わかりやすさって重要なんですね!改めて感じます。

マーケティング、マーケティングと言ってますが、自分は正直何もわかっていませんw完全なる初心者ですw

ただ、最近マーケティングということに関して、興味が少し出てきました。ぼくの言うマーケティングとは、どうやったら売れるか、どうやったらわかりやすいか、どうやったら伝わりやすいか、どうやったら覚えてもらえるか、どうやったら普及するか、といったような考え方を指しています。正式な意味は、違うのかもしれませんがwぼくの中での、マーケティングですw

最近、なんとなく興味が出てきたんですよねーwなんか感覚的に、得意というか。見せ方、わかりやすさなら自信があるというか。今までなんとなく、こういう風にしたらいいのになーって思ってたのって、マーケティングだったのか!って最近気づいたんです。

名前はまずつけることが重要ですが、次は、そのネーミングですよね!

わかりにくい名前じゃ、覚えてもらえません。親しみやすい名前、言いやすい名前、呼びやすい名前などが、大切だと思います。

人の名前、本のタイトル、商品の名前、サービスの名前、ブログのタイトルなど、ネーミングのセンスが、そのモノの価値を大きく変えると思います。もちろん、中身が重要なんですが、ネーミングが大きな役割を担っているのは、間違いないと思います。

みなさんご存知「お~いお茶」。あれは前は「缶入り煎茶」という名前だったそうですwまず、せんちゃが読めない人いるかもしれないですよねwたしかに「缶入り煎茶」は、ストレートですけど、「お~いお茶」の方が、親しみやすくて、覚えやすいですよね☆このリニューアルで、「お~いお茶」は大成功したみたいです。

というように、名前で勝負が決まると言ったら大げさですが、名前が悪かったら、成功できないと思います。

本屋さんの本だって、本棚の本は、背表紙しか見えてませんから、タイトルが悪かったら、手にすら取ってもらえないでしょう。

今は、ネットで検索する時代ですから、わかりやすいネーミングがされていないと、検索にひっかかってこないでしょう。

結局は、ネーミングってわかりやすさ、使いやすさ、呼びやすさ、親しみやすさなんですね。みんな何でも略して呼びますよね?

なので、最近は自己紹介するときは、あだ名から言うようにしてますw「P山です~☆」ってwその方が、覚えてもらいやすいですしね☆

みなさんも、ネーミングの重要性を意識してみてください☆いろんな場面で役に立つと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です